スタッフ紹介


 

 

 

 着物をもっと身近に

 

 

 

着付け講師 & コーディネイター 

小杉 宏美 

 

 

2004年にきものこすぎ店主 小杉 治と結婚。12歳と10歳の二児の母。8年前より当店二階にて着付け教室を開催。現在は週6教室で30名を教える。今までに延べ180名に着付けを教える。

----------------------------------------

 

 

 

 

  10年後も

  着物が楽しめる世界を

 

 

 入社4年目 社員 阿部 正樹 

 

 

 平成4年5月25日生れ 申年 26歳

三代続いた大工の家の息子。千葉県出身。千葉商科大学付属高等学校、学習院大学法学部卒業。大学時代から趣味として着物を着始め、2015年4月に「きものこすぎ」に入社。

---------------------------------------- 

 

 

 

 仕立の事なら

 お任せください

 

 

専属和裁師 沖田 信代  

 

 

先代「坂口屋呉服店」にて住み込みで和裁修行を積み、その後当店の専属和裁師として30年以上店舗内にて仕立をし相談にものる。近年は思い出の着物のリメイク相談も多く、お客様にとって心強い相談役。

---------------------------------------- 

 

 

 

 着物の魅力を

 一人でも多くの方に

 

 

新入社員 中村 華苗  

 

 

 元歯科衛生士。着物が好きで着付を習い始めて1年、着物の魅力を知りそれを伝える仕事をしたいと2018年4月入社。

---------------------------------------- 

 

 

 

 次世代の着物屋を

 目指して

 

 

 

着物屋見習い 三嶽 佳那  

 

 

 静岡県袋井市の呉服店「いくみや」長女。ホテルレストランで10年勤務。両親の姿を見て跡継ぎを決意。きものこすぎに着物の勉強を2018年5月よりスタート。